2020年のSober October





7月のDry Julyに続き、10月のSober Octoberの時期となった。

コロナ禍でのSober Octoberはどうなったのだろうか?


Sober Octoberとは?

Sober Octoberとは、2010年にオーストラリアのNPO法人Life Educationによって考案された10月の一カ月間禁酒をし、より健康的な生活のために寄付をしようというキャンペーン(オーストラリアではOcsober)。


その後、イギリスにわたりMacmillan Cancer Support主導でガン患者への寄付活動としてSober Octoberがスタートした。


*Sober October/Ocsoberについての詳細は『しらふな神無月 - Sober October / Ocsober』参照のこと


英豪におけるSober October

現在(2020年10月31日)Macmillan Cancer Supportの方では、Sober October参加者は60,906人、寄付金額£3,692,538(約5.5億円)が集まっている。


この寄付金額は昨年と比較すると115%以上に相当するが、参加者は8%減少している。


Google Trendを見てみる限り、オーストラリアにおけるOcsoberの注目度は年々落ちてきている。



一方英国における、"Sober October"の注目度は安定しつつあるという見方ができる。



米国では注目度上昇

新しい潮流として、米国での注目度が上がってきたことが挙げられる。


INDEPENDENTによると、ロックダウン下で米国のアルコール販売額は22%増加している。


The Lancet Reportによればこのような飲酒量増加の背景には、財政難・社会的孤立・医療制度の混乱があると言われている。


具体的な要因としては、コロナ禍、BLM運動、気候変動、大統領選などが挙げられるだろう。


社会不安が飲酒を煽り、飲酒量増加による反動としてSober Octoberへの注目度が上がったと考えられる。


参考サイト

Sober October: https://www.gosober.org.uk/

"2020 is the Perfect Year to do a ‘Sober October’" the Temper

https://www.thetemper.com/sober-october/

"Coronavirus: US alcohol sales jump 22 per cent during lockdown" INDEPENDENT

https://www.independent.co.uk/news/world/americas/us-politics/coronavirus-alcohol-sales-lockdown-covid-19-a9463231.html

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram

Copyright © 2020 Alt-ALc, Ltd. All Rights Reserved