夏に飲みたいパイナップルドリンク - テパチェ







みなさんはテパチェ(Tepache)という飲み物をご存知でしょうか?


メキシコやアメリカで人気のこのドリンクは、水とパイナップルの茎と皮、少量の砂糖とスパイス(シナモン、ナツメグ、クローブ等)を材料に用います。


製造工程は簡単で、水にそれぞれの原材料を浸けこんだのち、数日間発酵させて作られます。


発酵過程は経ていますが、アルコールは発生せず、甘さ・酸味のバランスが良く、微発泡の爽やかな味わいで夏にぴったりなドリンクと言えます。




テパチェの歴史

テパチェはもともと、メキシコ原住民ナワ族の間で飲まれていた飲料です。

歴史は古く先コロンブス期(コロンブスが新大陸を発見する1492年以前)までさかのぼることができると言われています。


ナワ族の言葉でテパチェは、「とうもろこしのドリンク」を意味するように、元々はとうもろこしから作られていましたが、時がたつにつれて今のようなレシピに落ち着きました。


テパチェの今

日本でこそ知られていないテパチェですが、メキシコでは露店などで売られ、アメリカではジューススタンド、メキシコレストランなどで販売されています。


好みに応じて、ライムやトウガラシを入れて楽しむのが今風の飲み方です。

アルコールを楽しみたいのであれば、ラムやビールを加えても!


テパチェの可能性

甘くなくパイナップルと聞くと、ニューワールドのシャルドネを想起する人は少なくないはずだ。


一緒に浸け込むボタニカルをよりシャルドネをイメージするものにすれば、ペアリングなどの可能性も広がってきます。


ブドウ果汁ベースで造られることの多いワインオルタナティブをテパチェベースにすることで、差別化にもなり新しいインスピレーションが得られるかもしれません!

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram

Copyright © 2020 Alt-ALc, Ltd. All Rights Reserved