オーガニック市場の現状と展望





飲料を問わず、様々な分野で盛り上がってきているオーガニック市場。


今回は、世界のオーガニック食品市場のデータを見て、この動向を改めて確認していきたい。


世界のオーガニック市場推移

オーガニック食品市場は、かなり息の長い市場で一時的なトレンドなどではなく、完全に文化として定着している。



2000年時点で世界全体でおよそ180億ドルの市場になっており、その後の推移も安定して伸びてきている。2017年時点では970億ドル(他調査では1240億ドルとも)にまで達している。


市場規模では、北アメリカ市場が全体の40%ほど、欧州市場で全体の30%ほどをカバーしている。


より具体的には、アメリカ、ドイツ、フランスがオーガニック市場の上位三ヵ国である。


さらに2017年から2024年までの市場規模拡大の見込は、三倍以上ともいわれており、3230億ドルとも推定されている。


オーガニック市場のファクトセット



オーガニック市場にかかわる、様々な事柄をまとめたものが上図である。


市場規模や成長率とはうらはらに、有機農法が行われている農地が全農地のわずか1.1%しかないというのは、今後さらなる成長の余地を残しているといえるのかもしれない。


隆盛の背景

これまでとこれからのオーガニック市場の成長の背景には、どのような事情があるのだろうか。


様々なレポートでは主に以下の六つについて言及されている。


  1. 都市化

  2. 可処分所得の上昇

  3. ライフスタイルの変化

  4. オーガニック農産物のメリットの認知普及

  5. 有機農法のノウハウの普及と発達

  6. 中国やインドなどの大国へのグローバルチェーンの参入


ある研究ではオーガニック食品の価格は、通常の食品よりも30%高いと言われている。


そのため、①~④のような消費者サイドの経済的・心理的な変化は必要条件となってくる。


その一方で、供給サイドにおいても製造面(⑤)や流通面(⑥)の変化が起き、オーガニック市場の成長を加速させてきたといえる。


次回は、このような前途洋々のオーガニック食品市場の懸念点を見ていく。


参照サイト

"Global Organic Food & Drink Market" ecovia intelligence Mr. Amarjit Sahota

http://orgprints.org/34608/5/sahota-2019-global-market.pdf

"Global organic food market" Jelena Golijan, Bojan Dimitrijević

https://www.researchgate.net/publication/330779203_Global_organic_food_market?enrichId=rgreq-b49690e3b602cfa5cc2af07221901b99-XXX&enrichSource=Y292ZXJQYWdlOzMzMDc3OTIwMztBUzo3MjE0NDUwMTc2MzY4NjRAMTU0OTAxNzMwNDM0NQ%3D%3D&el=1_x_3&_esc=publicationCoverPdf


Copyright © 2020 Alt-ALc, Ltd. All Rights Reserved